トップイメージ

LPコート・エムコート

LP COTE,EMCOTE

作物の生育にマッチした養分の供給!コーティング肥料(被覆尿素肥料)

LPコート

 作物の生育に合わせて、肥料成分の溶出を調節する被覆尿素肥料が「LPコート」と「エムコート」です。すなわち、主にポリオレフィン系樹脂と無機鉱物などの材料で特殊加工した膜で粒状尿素をコーティングした、白色球状の肥料です。
 特長として、(1)作業が楽:全量基肥施肥により追肥労力ができる、(2)低コスト:肥料成分の利用率が高いので減肥が可能、(3)生産性が向上:養分供給が均一化されるので作物の品質が揃う、(4)環境負荷を軽減:肥料の利用率が高いので地下水・大気への汚染を軽減できる、(5)膜は環境分解型:膜には光崩壊促進材が添加されており、崩壊後に微生物分解を受ける等が挙げられます。
 溶出タイプには、施肥直後から溶出が始まる直線(リニア)型と、初期の溶出が一定期間抑えられた後に溶出が始まるシグモイド型があり、25℃の土壌中で窒素が80%溶出する日数をタイプとして名称に用いています。
 また、肥料成分の溶出を予測することができるため、作物が必要な時期に必要な量だけ肥料を効かせることも可能です。各地の栽培条件に適した肥効が発揮できるようにした配合肥料として、全国各地の生産者様へ提供しております。
 *LPコート エムコート はジェイカムアグリの登録商標です。

溶出タイプと使用場面  (パンフレット:PDF)

  LPコート エムコート
原肥 尿素 尿素
溶出
タイプ
直線型
窒素成分42%
20,30,40,50,70,100,140,180,270 20,30,40,50,60,70,100,140
シグモイド型窒素成分
41%
30,40,60,80,S100,SS100,(110),120,
(140),160,200
20,30,40,60,80,90,100,120,140,180
使用場面 水稲、麦、豆類、野菜など 水稲、麦、豆類、野菜など
主な製品 LPコート複合 エムコート複合

                 ( )はフレコン袋のみ

溶出の仕組み